2017/09/19

2017年9月19日(火曜)アジア・欧州市場序盤の動き

2017年9月19日(火曜)アジア・欧州市場序盤の動き

連休明けの東京市場は、先週金曜日の北朝鮮弾道ミサイル発射にもかかわらず上昇を続けている日本株と円安相場。さらに、週明けから衆議院の早期解散の思惑が加わり株価は続伸し、20日のFOMCで米資産縮小と年来の再利上げの観測が強まり米金利は強含み、円売りの流れは止まらず。

為替市場は、9月6日のカナダの利上げにカナダドル買いが加速しUSDCADは1.20台へ突入、9月5日に1.30の大台を超えたGBPUSDは、早期の緩和縮小期待に1.36台まで上昇するなど、ヒーローを取り換えながら、利上実施+利上げ期待度の高い通貨は相変わらず強さを維持し、GBPUSDの買い、USDCADの売りの流れは変わらず。

USDJPY相場は、先週末に111.50円のポイントを上回り、GBPJPYやCADJPYがリードする円安相場に突入。今日の東京(アジア)市場でも、10月22日の衆議院選挙の実施の可能性に、「株高=円安」の流れが強まり111.80台まで上昇、押し目かいに押し目なしの状況が9月11日の109円台乗せから続きこの流れが大きく変化する動きは見られず、

EURUSDは、EURGBPの売りやEURCADの売りの影響をうけながら、ECBの将来的な緩和の縮小期待は消えず上昇力を秘めながらも、市場の関心は目の前のBOEとFOMCにより強く焦点があたり、1.2000の上限をクリアに上回るまでは積極的に動いにくい状況は変わらず。

AUDUSDは、注目の豪中銀議事録では、豪ドル高へのリスクを警戒する一方、インフレ圧力の抑制に寄与とあり、賃金とインフレの伸び弱いが安定し、当面続くと予想。過去1カ月の国内データは全体的に見てポジティブで、緩やかな成長改善の見通しと一致とあった。市場の反応は直後からAUDUSDは0.800をめざして上昇するが、0.800の壁は厚く上げ止まっているも底堅く推移。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

豪中銀議事録(9月5日分)=景気が徐々に上向くのに伴い、先行き堅調な雇用の伸びを見込む一方、住宅債務が家計所得を上回ることに伴うリスクを指摘。全国各地に雇用増の裾野が広がり、鉱業投資ブームの終わりに伴う調整が「完了に近づきつつある」ことが示唆。

豪中銀議事録(9月5日分)=賃金とインフレの伸びはなお低いものの安定しており、こうした状態が当面続くと予想。過去1カ月の国内データは全体的に見てポジティブで、緩やかな成長改善の見通しと一致。

豪中銀議事録(9月5日分)=豪ドル高は国内の成長を圧迫する一方、インフレ圧力の抑制に寄与しており、豪ドルが一段高になれば、成長とインフレの伸びが鈍化する見通し。

2017年9月19日(火曜)前日18日、海外市場の動き

2017年9月19日(火曜)前日18日、海外市場の動き

ドル全面高! 

週末の北朝鮮リスクがひとまず掃け、FOMCに焦点は移る。先週の強い米CPIを受け、保有資産の縮小と年内の追加利上げ期待に、米金利が上昇しドル買いが強まる。

⇒ 20日のFOMCで保有資産の縮小の可能性が強まり、米金利が上昇→ ドルは全面高。
⇒ カーニーBOE総裁は、ブレグジットで成長鈍化とインフレ上昇の可能性を示唆するも、利上げペースは穏やかで限定的 →英国債券利回りが低下しGBP売りが強まる。
⇒ レーンカナダ中銀副総裁は、カナダドル高の影響を注意深く監視 → カナダドル売りが強まる。

USDJPYは、週末110.83→週始111.05の円安で取引が開始。相場が動いたのは欧州市場が参入してからで先週金曜日の高値111.33を超え111.43まで上昇し、クロスを含め金利差を意識した円安傾向が続くが、GBPJPYが売りへと変化し上昇力も弱まる。米国市場に入り、20日のFOMCで保有資産の縮小と年内の追加利上げ期待度が高まり、米債利回りの上昇に合わせ米株も強く、111.66まで上昇。レーンカナダ中銀副総裁の発言を受けたCADJPYの激しい売りと、クロスで円の買い戻しが強く、111.39まで一時下落へ。

EURUSDは、週末1.19405→1.19209のユーロ安で取引が開始。大枠1.1930~55の狭いレンジから、欧州勢の参入に一時1.1915まで下落するも、ユーロ圏CPI前年比1.5%と予想通りながら4か月ぶりの高水準で、EURGBPの買い戻しも強まり徐々に底値を切り上げ一時1.1970近くへ上昇。米国市場に入り、米株と米金利が上昇しドル買いが強まる中で、10月のECB理事会で将来の政策変更を期待する動きも強く、1.1920~60のレンジで安定推移。

GBPUSDは、週末1.3583→週始1.3558のポンド安で取引が開始。早朝の英ライトムーブ住宅価格は予想通りながら、前年比は過去5年で最小の伸びとなったが相場は動かず、大枠1.3570~05で取引が続いた。欧州市場に入り一時1.3538まで下落し、戻りも鈍く上値の重い展開が続き、カーニーBOE総裁の「利上げペースは緩やかで、度合いも限定されたものとなる」との発言を受け、1.3500を割り込み一時1.3460台まで下落しようやく下げ止まる。

USDCADは、アジア・欧州市場と動きは鈍く、1.2170~10のレンジで推移。米国市場に入り、米金利と米株の上昇に前日の高値1.2219を上回りショートカバーに1.2245まで上昇。レーンカナダ中銀副総裁は「カナダドル高の影響を注意深く監視」との発言に1.2338まで急伸し、ようやく上げ止まり、カナダドルは全面安。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇米株は小幅上昇、Nasdaqは一時マイナス圏へ値を下げるも終盤にかけて値を戻し、+6.17(+0.10%)、S&P500+3.64(+0.15%)、Dow+63.01(+0.28%)。欧州株や新興国株も上昇へ。
〇米債利回りは上昇、10年債は前日2.20→2.2305%へ、2年債も1.38→1.3927%へ上昇。
〇原油価格(WTI)は一時49.19まで値を下げ、49.94ドルと50ドル近辺を維持。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

レーンカナダ中銀副総裁=カナダドル高の影響を注意深く監視。先日の政策委員会で利上げを実施した背景は輸出と設備投資が強まったこと。目先の経済のリスクとしてはNAFTAの協議が重要視。

マティス米国防長官=ソウルをリスクにさらさない軍事オプションはある。

英テレグラフ紙=ジョンソン英外相は、メイ首相にEU離脱の移行期に多額の拠出金支払いを継続しないよう保証を求め、首相が拒む場合は辞任する可能性もある。EU離脱により英国は医療分野に週3.5億ポンドの追加支出が可能になる。

カーニーBOE総裁(IMF講演)=ブレグジットにより、成長が短期的に低下し、インフレが上昇する可能性がある。過去最低水準にある金利は向こう数カ月で上昇する可能性がある。利上げペースは緩やかで、度合いも限定されたものとなる。

カーニーBOE総裁(IMF講演)=外国市場への開放度が狭まること、英国に来る労働者の数が減少することでインフレに上昇圧力がかかると同時に、生産性が低下し、将来的に金利が上昇する可能性がある。

中国株上昇=人民元建ての融資が予想を上回る。株価指数先物と伊引きの規制が緩和。

ディラーソン米国務長官=米国は適切な条件の下で、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」にとどまる可能性がある。

コーン米国家経済会議(NEC)委員長=「パリ協定」から米国は依然として離脱する意向である。

ECB経済報告=インフレは2018年第1四半期で底を打つ。エネルギーと未加工食料品のベース効果が今後数四半期の総合HICPに影響。
ハンソン・エストニア中銀総裁=ECBの次の動きは資産買い入れプログラムに関する決定を越えた一連の措置であるべき。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2017/09/18

2017年9月18日(月曜)アジア・欧州市場前半の動き

2017年9月18日(月曜)アジア・欧州市場前半の動き


東京市場が敬老の日で重要なイベントもない祝日の週明け月曜日。週末リスクの巻き戻しなのか、主要通貨は総じてギャップを空けドル買いからスタートし、円安傾向が続く。

アジア市場ではリスク回避の巻き戻しと金利差を意識したAUDUSDとNZDUSDが目立ったが続かず、欧州市場に入ると元の水準に逆戻り。

USDJPYは、週末110.83→週始111.05の円安で取引が開始。衆議院の解散が10月22日の可能性が高いとの報道にも動きは見られず。相場が動いたのは欧州市場が参入してからで先週金曜日の高値111.33を超え111.43まで上昇し、クロスを含め金利差にスポットライトが当たっているのか円安傾向が続く。

EURUSDは、週末1.19405→1.19209のユーロ安で取引が開始。大枠1.1930~55の狭いレンジから、欧州勢の参入に一時1.1915まで下落するも、ユーロ圏CPI前年比1.5%と予想通りながら4か月ぶりの高水準で、徐々に底値を切り上げ下落スタート水準の1.1950台まで値をも押す。

GBPUSDも、週末1.3583→週始1.3558のポンド安で取引が開始。早朝の英ライトムーブ住宅価格は予想通りながら、前年比は過去5年で最小の伸びとなったが相場は動かず、大枠1.3570~05で取引が続いた。欧州市場に入り一時1.3538まで下落し、戻りも鈍く上値の重い展開が続く。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

〇原油価格は50ドル台を維持し、一時50.33ドルまで上昇。
〇米10年債利回りは2.12%へ上昇。
〇中国株と欧州株は小幅上昇。上海総合は+9.24(+0.28%)、EURO STOXX50は+17.67(+0.50%)、独DAXと英FTSEも強含みで推移。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

中国株上昇=人民元建ての融資が予想を上回る。株価指数先物と伊引きの規制が緩和。

ディラーソン米国務長官=米国は適切な条件の下で、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」にとどまる可能性がある。

ECB経済報告=インフレは2018年第1四半期で底を打つ。エネルギーと未加工食料品のベース効果が今後数四半期の総合HICPに影響。

ハンソン・エストニア中銀総裁=ECBの次の動きは資産買い入れプログラムに関する決定を越えた一連の措置であるべき。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2017/09/17

今週の為替相場を考える(9月18日~9月25日)

今週の為替相場を考える(9月18日~9月25日)

円安とポンド高は今週の続くのか? 伸び悩みグループの、ユーロ、豪ドル、カナダドルの方向性は? FOMCで資産縮小が決まり、年来の再利上げを示唆するか? 北朝鮮リスクは? 

20日のFOMCが今週のメインイベントで、市場参加者全員が注目していることは間違いないでしょう。強い米CPIに、FOMCでは緩和縮小と年内の追加利上げの可能性を予想する動きが強まっており結果待ちの状態です。

現状の米10年債の上昇力は鈍く、2年債利回りは上昇し、米株は最高値を更新するなど複雑です。為替相場は、GBPUSDの大幅上昇(ドル安)を除くと、他の主要国通貨に対してドルは総じて強含みで推移しており、FOMCの緩和縮小を意識した動きになっていることは間違いありません。そのため何もなかった場合のリスクはドル売りへと反応しやすくなっています。

GBP相場ですが、強い英CPIとカーニー総裁を含めMPCメンバーの多数から利上げの可能性が示唆されたことで、突然始まったGBP高の流れは本物なのでしょうか? そしてその流れが今週も続くのでしょうか? 今週はFOMCの思惑と結果を横目でみながらですが、押し目の買いを意識せざるを得ません。はすでに始まっていますが、中期的なEURGBPの下落基調への変化の流れを意識せざるを得ないと考えます。

今週の相場には該当しない可能性がありますが、方向性だけを考えるとインフレリスクを懸念するBOEは通貨高方向を容認すると思われ(スピード違反にはブレーキの可能性も残る)、テクニカルの上限をブレークしていることもあり、22日のメイ英首相の英国のEU離脱方針の演説に関してポジティブな発言にでもなれば更なる上昇の可能性も気にしなければなりません。

EURUSDは、EURGBPの激しい売りが上値を抑えており、1.20台の上値を重くし、大枠で1.1850~1.2000のレンジで推移しています。現状ではEURGBPは方向転換した可能性は高く、EUR買いの抑制要因となっています。22日のメイ首相のEU離脱方針演説の内容や市場の反応を見ながら、24日の仏上院選挙、独連邦議会選挙の結果は非常に重要で、その世論調査にEUR相場が左右されることも考えておく必要があります。

USDJPYですが、今までも何度も北朝鮮の弾道ミサイルの発射や水爆実験の動きに円急伸していましたが、結果はいつも元の水準へと逆戻りしていました。

先週の北朝鮮の弾道ミサイルの発射後のUSDJPY相場が107.30円まで急落後に111.30円台まで急伸したことで、北朝鮮リスクの円買いは幻であったことを証明された動きとなりました。北朝鮮リスクの対応で、安倍政権の支持率が上昇していることは円相場にとってプラス材料ですが、金利差を考えると別物です。

資産縮小の開始と再利上げが期待できるFOMC=ドル、利上げ支持が多数となったBOE=GBP、遅かれ早かれ資産買い入れ縮小を決断すると思われるECB=EUR、利上げ継続中のBOC=カナダ、来年に複数回の利上げが期待できるRBA=AUD。そう考えると日銀=JPYだけが蚊帳の外に思えてなりません。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今週の【通貨ペア別のレンジ予想】


◎USDJPY【予想レンジ 109.80~111.50→112.30】


USDJPYは、前週の107円台はフライングだったのでしょうか? 先週一週間を通じて材料は多種多様ながら、結果としては108台→111円台へと急伸し、それまでの108~111.50のレンジへと逆戻りしています。先週のUSDJPYの上昇の引き金の一つは、円クロスでの円売りで、特にGBPJPYがBOEの利上げ期待度の高まりに、2016年のブレグジット時の急落後の最高値を更新したことは意義深いものがあります。

さらに、主要国での利上げ期待度の高まりと、依然として緩和傾向の維持から抜け出せない日銀の金融政策の違いに加え、北朝鮮リスクに対しての当事国としてのリスクが潜在していることに対する円売りのリスクです。20日のFOMCの結果で円相場の見通しも変化しますが、現在の水準から積極的に円売りに傾くことは難しく一時的な円高傾向を覚悟しながらも、これらのリスクが解消できるまでは、潜在的な円売り要因から抜け出すことは難しそうです。

StockRSIのDailyでは、K=97.47 D=68.91と買いサインを継続しながらも買われすぎゾーンにあります。BBはベースの109.54で、108.12~110.97のレンジを示唆。移動平均線では、7月21日に200日MAを割り込んでから続落中で112.24に位置し、36日MAは109.79でこの水準を上回り上昇傾向を維持しています。

IMM通貨先物では、【円】-72,945→-57,297(15,648)と、円は北朝鮮リスクを反映したのか円のショートが減少していましたが、集計日後に円売りが加速していたことで、傾向としての円売りの流れは変わらず、次回の集計でどこまで円ショートが拡大していのか興味深く注目しています。

USDJPYオプションのリスクリバーサルでは、1週間は前週-1.08→-0.70へ、1か月も-1.50→-1.00へ縮小、12か月まで円コールが低下気味で、先週とは大違いで、逆に強い円先安感が示されています。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



◎EURUSD【予想レンジ 続落←1.1830~1.2000→続伸】


EURUSDは、EURGBPが8月29日の高値0.9307から先週には0.8788までお幅に値を下げ、先週一週間を見ても0.89→0.8770台まで続落し、EURUSDが1.20台を維持することを妨げ、1.1850~1.2000のレンジに入る要因の一つとなっています。

20日のFOMCが最も重要で結果で相場が変化することは間違いありませんが、それ以外でも22日のメイ首相のEU離脱方針演説の内容や市場の反応を注視しながら、24日の仏上院選挙と独連邦議会選挙を控えた世論調査に、EUR相場が左右されることも考えておく必要があります。また、19日のカーニーBOE総裁、19日と22日のドラギECB総裁の発言も波乱要因となることでしょう。

StockRSIのDailyでは、K=17.13、D=35.65で売りサインを継続中ですが、売られすぎの水準にあり変化の可能性も気になります。BBは1.1907をベースに1.1764~1.2050のレンジを示唆しています。200日MA=1.1054で引き続き遥か下の水準に位置し、最近の動きでは36日MAで下げ止まる動きが多かった水準は1.1852とほぼ先週の安値水準に位置して下げ止まっています。注目していたWeeklyベースのMA=終値1.1736(高値のMA=1.1853~安値のMA=1.1638)は上限を超えてから、高値のMA1.1853を下限に上昇を継続中で、一つの判断の目安と考えてもいいでしょう。

IMM通貨先物では、【ユーロ】96,309→86,058(-10,251)で、ユーロロングは減少するも、引き続きネットロングNO.1通貨の地位を維持。先週は1.20台から一時1.1850を割り込むユーロ安となりさらにロングが減少している可能性もあります。

EURUSDオプションのリスクリバーサルでは、1週間が前週は0.55→-0.05%へとユーロ売りに変化し、1か月もユーロコールが0.40→0.20%へと前週の水準近くへと逆戻りし目先はユーロ安への動きとなっています。ただ、9~12か月はEURプットかコールに変化しユーロ高を期待する動きとなっています。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今週の主な材料(9月18日~9月22日)

今週の主な材料(9月18日~9月22日)


主役は、20日のFOMCで「金融政策の結果と声明」、「メンバーの経済予測値」、「イエレン議長の会見」が最重要。

先週の米CPIが予想外に強かったことで、20日のFOMCでは政策金利の据え置きは固い中で、FRBの資産(バランスシート)縮小の可能性もあります。またメンバーの経済予測値で今後の見通しを確認することができ12月のFOMCで再利上げの可能性が高まる可能性を含め、イエレン議長の会見で債券・株式・ドル相場の変動が高まることは間違いありません。


【脇役でも重要なイベントが多くあります】
特に最近のポンド高に対して、カーニーBOE総裁がどのような発言をするのか、19日(20日の午前零時)の発言を注目しています。また、22日にメイ英首相はEU離脱の基本方針をイタリアで説明しますが、注目しています。また、ユーロ相場への影響が強い、ドラギECB総裁の発言や、週末(土・日曜)のドイツ連合議会選挙の結果、NZ総選挙の結果には重要で、事前の予想などには十分注意が必要です。

18日の「ユーロ圏CPI」
19日の「豪中銀議事録」、「カーニーBOE総裁講演」、21日の「NZのGDP」、「日銀金融政策決定会合と黒田総裁の会見」、「ECB経済報告書公表」、「ドラギECB総裁発言」、
22日の「カナダCPIと小売売上高」、「ドラギECB総裁発言」、「メイ英首相のEU離脱方針の演説」。
23日の「NZ総選挙の結果」
24日の「ドイツ連邦議会総選挙の結果」と、一週間を通じで日々相場変動が高まる可能性が高い週になっています。


【それ以外の発言も多く、発言による相場変化の可能性もあります】
18日の「ラウテンシュレーガーECB専務理事」、「レーン・カナダ中銀副総裁」
21日の「プラートECB理事講演」
22日の「ウイリアムズSF連銀総」、「コンスタンシオECB副総裁」、「ジョージ・カンザスシティ連銀総裁」、「カプラン・ダラス連銀総裁」。


【米経済指標も多く控えています】
19日の「輸入物価指数」
20日の「中古住宅販売件数」
21日の「新規失業保険申請件数」、「フィラデルフィア連銀n景況指数」、「住宅価格指数」、「CB景気先行指数」
22日の「マークイット総合PMI」


詳しくは別表をご覧ください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
X