2019/05/22

2019年5月22日(水)アジア・欧州市場序盤の動き

2019年5月22日(水)アジア・欧州市場序盤の動き

FOMC議事録を前にして、米国は中国企業の追加エンティティリ入りを検討し動揺が広まり、メイ英首相に離脱案の断念と辞任要請圧力が強まり相場が動く。それと、ブラード・セントルイス連銀総裁は「インフレ率が一段と弱い数字になれば、FRBは利下げに踏み切る可能性もある」と発言。

「米政府は大手ビデオ監視機器メーカーのブラックリスト入りを検討」と報道に、日本株は伸び悩み中国株も弱く、人民元安となるも予想外に市場は冷静。為替相場もAUD売りは限定的で、JPYも積極的な買いは見られず。

ただし、GBPは、「メイ首相が自らの離脱案を断念し、数日以内に退陣するよう求める圧力に首相が直面している」との報道もあり、前日の急伸の反動が強く、前日安値1.2680台を割り込み1.2670台へと下落。これから発表される英CPIも注目。

USDJPYは、早朝の予想外に弱い日本の貿易収支から底堅く推移するも前日の高値110.67に届かず。110.63を高値に何とか前日比でプラス件を維持した日経平均と、弱さが目立つ中国株に110.39まで下落。米国は中国企業の追加エンティティ入りとの報道、メイ英首相の辞任の可能性の高まりに、どうしても円を買い戻す動きとなるが、動きは鈍い。

GBPUSDは、前日の上昇が嘘のように上値が重い。1.2719を高値に英国発の報道で、「自らの離脱案を断念し、数日以内に退陣するよう求める圧力に首相が直面している」、フランスのルメール経済・財務相が「今週の英国の欧州議会選について、EU離脱運動を主導したナイジェル・ファラージ氏率いるブレグジット党が勝利すれば、EUにとって大きな問題になると指摘、英国はできる限り早期にEUを離脱すべき」と発言、前日の安値を割り込み1.2660台で推移。

※※※※※※※※※※※※※※

7:45    NZD 第1四半期小売売上高=前期比0.7%(予想0.6% 前回1.7%)、除く自動車前期比0.7%(予想0.9% 前回2.0%)  予想を若干上回るが前期からは低下

8:50    JPY 4月 通関ベース貿易収支: 季調前=604億円(予想2327億円 前回5278億円、季調後=-1109億円(予想-375億円 前回-1778億円)→ 予想を大幅に下回る

9:30    AUD 4月 ウェストパック景気先行指数=前月比-0.09%(予想 前回0.19%)

※※※※※※※※※※※※※※

2019年5月22日(水) 昨日21日、海外市場の動き(午前5時半ごろ)

2019年5月22日(水) 昨日21日、海外市場の動き(午前5時半ごろ)

ファーウェイは米国がいじめていると非難し欧州政府に訴える!米中貿易戦争(?)の先行きは見えないが、さすがの米国も身内からの懇願にファーウェイ制裁で一部猶予へ。

JPYは米国がファーウェイ制裁で一部猶予の暫定措置にリスク回避の巻き戻しが強まり全面安、AUDは豪中銀議事録で利下げの可能性が言及され豪総選挙で与党連合が勝利後の上昇の反動に売られ、GBPはメイ首相がEU離脱法案の議会採決と引き換えに2回目の国民投票の実施との報道に直後は上昇するも結局は逆戻り。

米商務省は、ファーウェイ向けの制裁の暫定措置として既存ネットワークの保守や既存のスマートフォン向けのソフトウエア更新を行えるように、8月19日まで一時的に猶予することを発表。新製品は対象外で制裁処置事態の基本は変わらず。ただし、市場はリスク回避の巻き戻しに、株高+債券売り(利回り上昇)。

メイ英首相は、EU離脱協定に関連した新たな法案の提出を発表。EU離脱案を議会で採決することを条件に、2回目の国民投票の実施で議会採決へ。メイ首相はこの法案がEU離脱に向けた最後のチャンスでこれを承認しなければ、離脱はできないとある。市場では離脱の中止のリスク、それと、レッドサム英会員議長が発言した「必要なら合意なき離脱は可能とすべき」のリスクが混在。

OECD経済成長見通しは、2019年世界経済3.3→3.2%↓、中国6.2→6.2%→、ユーロ圏1.0→1.2%↑、米国2.6→2.8%↑、カナダ1.5→1.3%↓、日本0.8→0.7%↓。

USDJPYは、アジア市場の110.00台をボトム、米国がファーウェイ制裁で一部猶予の暫定措置を決めたことで、欧米市場の株高+米債利回り上昇と、リスク回避に選好された円買いの巻き戻しが続く。前日の高値110.30台を上回り、クロスでの円買いも続き米国市場では110.67まで上昇しようやく上げ止まる。米国の対中貿易戦略でどこまで強気姿勢を続けるのか? これで109.00台をボトムにほぼ6日間連続の上昇でボトムアウト感も見られるが、111円が大きな壁に。

GBPUSDは、EU離脱に関するインディカティブ投票を実施するメリットが模索される中、欧州市場では1.2680台まで下落。メイ首相報道官から「関税同盟と2回目の国民投票を提案」との報道などに1.2740台まで上昇し、メイ首相の記者会見を待った。メイ首相は「EU離脱法案の議会承認の引換に2度目の国民投票の実施」を表明し、直後1.2710台→1.2813まで急伸するも、相変らず承認の是非は不明で1.2700台と元の水準近くへ逆戻り。

AUDUSDは、先週末の総選挙の結果を受けたAUD買いから豪中銀議事録の利下げを示唆する動きも意識してか、ただ、AUDロングの巻き戻しと思われるが、前日の欧米市場の安値0.6900を割り込むと売りが強まり、欧米市場では0.6866まで続落。弱い米中古住宅販売やGBPUSD、EURUSDの上昇に0.6880台まで値を戻し継続中。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

23:00    EUR 5月 消費者信頼・速報値=-6.5(予想-7.7 前回-7.9→-7.3)→ 予想外に改善へ

23:00    USD 4月 中古住宅販売件数=前月比-0.4%(予想2.7% 前回-4.9%)、519万件(予想535万件 前回521万件)→ 予想を大幅に下回る


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【北米】
米商務省は、ファーウェイ向けの制裁の暫定措置として、既存のネットワークやスマホの保守などに限って8月19日まで猶予。新製品は対象外で制裁処置事態の基本は変わらず。

ボスティック・アトランタ連銀総裁は、金融安定を巡るリスクは「常に検討課題」で企業の高債務には注意を要するが危機的な水準に達せず。インフレ率は目標の2.0%からそれほど乖離していない。

パウエルFRB議長、米経済は成長、インフレ圧力は落ち着いている。レバレッジ融資は金融システムに脅威となっていない。

ローゼングレン・ボストン連銀総裁は、インフレが低調で労働市場は好調でFRBの政策目標がちぐはぐになっている。通商問題のリスクに金利をいずれの方向に動かす明確な論拠はない。インフレはいずれ2%に戻る。貿易協議の決裂は顕著な下振れリスク。通商を巡る問題で一段と緩和的な金融政策が必要になるとは予想せず。

エバンズ・シカゴ連銀総裁は、現行のインフレ目標を達成できていないことは、物価上昇を管理する新たな枠組み導入に向けた取り組みに対する問題となる可能性がある。FRB内で討議されている新たな戦略は、低インフレを将来の急速な物価上昇で補うもので、こうしたモデルの下ではインフレ率はある年は3%、もしくは4%まで上昇する可能性があると指摘。

【欧州】
メイ英首相は、EU離脱協定に関連した新たな法案の提出を発表。EU離脱案を議会で採決することを条件に、2回目の国民投票の実施で議会採決へ。メイ首相はこの法案がEU離脱に向けた最後のチャンスでこれを承認しなければ、離脱はできないとある。

レッドサム英会員議長は、必要なら合意なき離脱は可能とすべき

【アジア・その他】
中国外務省は、海外投資家は依然として中国に強気。トランプ米大統領は、対中関税の引き上げで企業が生産拠点を中国からベトナムなど他のアジア諸国に移していると指摘し、中国との交渉においては「五分五分」の合意にはなり得ないと発言していたことに対して、海外投資家は「依然として中国に強気だ」と発言。「米国は過去1年以上、追加関税で中国製品に脅しをかけ続けているが、海外投資家が引き続き中国に熱い視線を送っていることは周知の通りだ」と発言。

豪総選挙で予想外に勝利した、モリソン首相率いる与党・保守連合が、公約の中・低所得層向けの税金還付を7月1日までに決定すると宣言していたが、議会手続きが間に合わず履行でつまずく。

豪中銀議事録は、今後の利下げの可能性について言及され、AUD売りへと変化

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2019/05/21

2019年5月21日(火)欧州市場から米国市場にかけての動き

2019年5月21日(火)欧州市場から米国市場にかけての動き

メイ首相は日本時案午前零時に、EU離脱をめぐる新提案を発表との報道に、GBPUSDは1.2740台まで急伸。事前の観測記事では「関税同盟と2回目の国民投票を提案」とあるも動きは鈍く、この結果発表にGBP買いが強まり、GBPJPYも140.87まで急伸し円売りのリード的な役割に。

AUDUSDは、アジア市場の0.6929を高値に、豪中銀議事要旨では今後の利下げの可能性について言及、ト派のコメントに前日の安値0.6903を割り込み0.6860台へと下げる。

WTIは上下変動しながらも、結局は前日と大きな変化は見られず。欧州株は上昇、米株も上昇からスタート。米債利回りは上下変動するも2.419%と前日と大きな変化は見られず。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2019年5月21日(火)昨日20日、海外市場の動き(午前5時半ごろの動き)

2019年5月21日(火)昨日20日、海外市場の動き(午前5時半ごろの動き)

米中貿易摩擦の拡大を懸念。リスク回避の動きにCHF買が続くもJPYは蚊帳の外、USDJPYは110.00台とレンジの中間で前日比でも変化無くクロスで円安へ。AUDUSDは週末の総選挙の結果を受け上昇幅は縮まるも前日比では大幅上昇を維持。

トランプ大統領は米企業がファーウェイへの製品供与を事実上禁止する大統領に署名し、米商務省はエンティティリストに指定済み。ブルームバーグ報道では「グーグルはファーウェイへの一部供給を打ち切り、クアルコム・ブローコム・インテル・ザイリインクスも部品供給を停止」とあり、Nasdaqは下げ幅を拡大。中国外務省は先にファーウェイとの取引を停止した企業への報復措置を示唆しており、今後も米中貿易摩擦の拡大を懸念。

米株はNasdaqが-113.91(-1.46%)と大幅下落。米国市場に入りダウは大幅安からスタートから下げ幅を縮めるもダウは前日比-84.10(-0.33%)で終了。債券利回りは小幅上昇で10年債は2.417%(+0.025)、2年債も2.217%(+0.016)。

USDJPYは、ライトハイザーUSTR代表は米大統領が来日する28~29日を前にして24日に来日し日米通商問題を協議、楽観的な予想が支配するなか期待通りとなるのだろうか? 日本の第1四半期のGDPは前年比2.1%と予想外に強かったが、輸入の大幅な落ち込みが成長率を押し上げていたことで評価は弱く、早くも第2四半期はゼロ成長との声も。結果、仲値で付けた110.32を高値に続落し、米中間貿易摩擦の拡大に米国市場の序盤は弱い米株と米債利回りの低下に109.81まで円高が進もこれまで。米株はNasdaqを除き下げ幅を縮め、米債利回りも上昇すると110.00台を回復。AUDJPYは76円台と前日比0.6%近く上昇し、クロスでは円の弱さが目立っている。日中の109.80~110.30が目先のコアなレンジになりつつある。

AUDUSDは、週末の総選挙でサプライズとなる与党の保守連合が予想に反して勝利。その結果を受け週明けはAUDが大幅高からスタート。先週末の終値0.6866→一時0.6934まで続伸。欧米市場では利食いの売りや米中貿易摩擦の拡大に0.6900台まで値を下げているが、引き続き前日比では上昇傾向を維持。ただし、米中貿易摩擦の深刻度合で変化の可能性は消えず。

GBPUSDは、超党派協議によるEU離脱協定案は出口が見えず、合意なきEU離脱の懸念は消えず。欧州市場の高値1.2757から米国市場では1.2715まで下落と、21日(火)にEU離脱に関するインディカティブ投票を実施するメリットを模索とあり、見通しも不透明感は強く市場参加者は積極的な取引を控え気味。

EURUSDは、リスク回避のEUR買はわかるが、ドイツ連銀月報は、第1四半期は予想外に底堅かったが、第2四半期の経済は脆弱とある。先週末と同じく上値の重い展開は変わらずだが、1.1150台をボトムとした動きも変わらず。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【北米】
ライトハイザーUSTR代表は、5月24日に来日し、茂木経済再生相と会談の予定。

中国外務省は、ファーウェイとの取引を停止した企業との取引を控える可能性と、報復措置を示唆→ リスク回避の動きが強まる。。

中国外務省は、「中国政府と企業がどのような対抗策を講じるか、見ていてほしい」と表明→ リスク回避の動きが強まる。

ブルームバーグ報道では「グーグルはファーウェイへの一部供給を打ち切り、クアルコム・ブローコム・インテル・ザイリインクスも部品供給を停止」

ボスティック・アトランタ連銀総裁は、年内の利下げの可能性はない。インフレ目標に届かないことに懸念していない。長期的で持続的な成長率は2%前後。力強い消費が落ち込む兆候はない。金利が上下にいずれに動く可能性を考えず。雇用が守られ消費者の信頼感は強い。

クラリダFRB副議長、米経済はFRBの2台債務かそれに近い状況となっている。

ブラード・セントルイス連銀総裁は、低コアインフレが続けば利下げを提唱。米経済は非常に良い状況。

【欧州】
独連銀月報は、独経済は最近持ち直しにも関わらず、依然として弱い。第1四半期は予想外に底堅かったが、第2四半期の経済は脆弱。

ブロードベントBOE副総裁は、EU離脱の不透明感に英企業の投資意欲は低いまま。

英首相報道官は、21日(火)にEU離脱に関するインディカティブ投票を実施するメリットを模索。超党派協議によるEU離脱協定案は出口が見えず、合意なきEU離脱の懸念は消えず。

トリア・イタリア首相は、財政安定と投資の再開に固くコミットしている。

トルコ政府は為替取引に規制、為替取引で10万ドル以上の取引の決済を1日延期すると発表。

【アジア・その他】
人民日報は、一部の米当局者から中国が米国から数千億規模の知的財産権を盗取したと表現しているが、これは貿易摩擦をエスカレートさせ中国の発展を抑制・阻止するために正義を装う意図的な試みである。米国の多くの有識者はこの数字を疑問視している。中国の改革・開放の過程で、多くの外国企業は自らの利益に基づいて中国企業と技術面で協力してきた。これは市場慣行であるとしている。

日経新聞1~3月期GDPについて、内閣府が20日発表した1~3月期のGDP速報値は、実質で前期比0.5%増となった。年率では2.1%増。一部で景気後退懸念も出始めるなか、予想外の高成長となった。実際は輸入の大幅な落ち込みが成長率を押し上げた形で、内需にも陰りが出つつある。民間エコノミストは4~6月期を平均でゼロ成長と予測しており、なお先行き不透明感が強い。

ロイター、18日に行われた豪州下院総選挙は、与党の保守連合が予想に反して勝利したため、最大勢力の自由党を率いるモリソン首相の党内基盤は強まり、長期安定政権への道が開けた可能性がある。

ロイター、イランの5月の原油輸出量が現時点で日量50万バレル、もしくはそれを下回る水準に減少したことが、石油タンカー関連データや業界筋の話から明らかになった。しかし、米政府が対イラン経済制裁を強化し、イラン産原油の全面禁輸措置を講じているものの、イランがなお25万─50万バレルの原油の輸出を続けていることがデータから浮き彫りとなった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2019/05/20

2019年5月20日(月)欧州・米国市場序盤の動き

2019年5月20日(月)欧州・米国市場序盤の動き

中国外務省は「ファーウェイとの取引を停止した企業に報復措置を検討」との報道にリスク回避の動きが強まり、為替相場はCHFとJPYが選好された。欧州株は続落、米株も下げからのスタートが続き特にNasdaqの下げ幅は大きい。米債利回りは一時上昇も続かず軟化。

USDCHFは欧州市場の序盤の1.0121を高値に先週末の安値となる1.0080台まで下落、USDJPYも仲値直後の110.32を高値に売りから買いへと変化、中国の報復措置を検討との報道もあり109.80まで下落するも、先週末の上昇スタート地点の109.80台は壁に。

AUDは週末の豪総選挙で予想外に与党連合が勝利したことで、AUDの上昇率しNO.1で一時0.6934まで上昇。NZDも連れ高。CADは先週末に米国はカナダとメキシコからの鉄鋼・アルミ関税を撤廃することで正式に合意してから上昇傾向を維持し、USDCADの売りは続く。

GBPUSDは欧州市場の序盤に一時1.2757まで上昇するも続かず。英首相報道官は、21日(火)にEU離脱に関するインディカティブ投票を実施するメリットを模索とあり、どうなるかは不明ながら1.2720台まで値を下げる。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※