2018/06/24

今週の主な材料(6月24日~30日)


今週の主な材料(6月24日~30日)

いつもながら相場変動の要因は欠くことを知らず。

週明け25日には、24日のトルコ大統領選と総選挙のダブル選挙の結果でUSDTRYや、日本の個人投資が得意とするTRYJPYの変動が始まっていることが推測できる。

金融政策では利上げ速度がやや強まる米国と、もちろん日本は問題外で利上げに慎重な他の主要国との金利差の拡大傾向が続くのか? 通貨防衛策でようやく落ち着いているが心配は解消できない新興国通貨の下落などうなるのであろうか?

28・29日のEUサミットでは英国ブレグジットとドイツの移民問題も最重要議題と言われているが、他にも問題は山積。米国とEUとの貿易摩擦の激化、心配が解消できないイタリア政局、英国のEU離脱方針を巡る内部亀裂が続くメイ首相、移民問題で内部が亀裂気味のメルケル首相。先週EUは米国がEUから輸入する鉄鋼とアルミに関税を欠けたことへで28億ユーロの報復関税を決めたが、米国はEUから輸入自動車に対して20%の関税を課すと警告。EUサミットでどのような妥協策が話し合われるのであろうか? 

米中間は500億ドルの関税引き上げと関税を課すなど報復、遂にトランプ氏は2000億ドルの報復をちらつかせ報復合戦と机の上では貿易戦争突入ムード満点。しかし、タイムリミットの7月6日に向けて机の下では妥協策を模索中でどっちに転ぶことやら! この動きは特に円相場にとって要注意!

さて、今週の経済指標では重要な発表は28日と29日に集中している。28日の米第1四半期GDPの改定値は重要で、予想は2.2%と速報値と変わらず。29日は英第1四半期GDPの確報値があり前年比予想1.2%と速報値と変わらず。ユーロ圏のCPIは速報値で前年比2.0%と前回1.9%から上昇が見込まれている。米個人所得・個人支出では、PECデフレータ前年比予想2.2%と前回2.0%、コアPCEデフレータ前年比も予想1.9%と前回の1.8%からの上昇が見込まれている。そして、カナダのGDPは予想が入っていないが前月比0.3%、前年比2.9%の前回からどのように変化するのか? いつもながら予想外の結果による相場変動が強い指標でもあり要注意。

今週の金融政策は主要国の発表もなくNZ中銀に限定されている。日本時間28日の早朝に発表されるNZ中銀の金融政策は1.75%の据え置きが予想されている。ただし、発表時間が午前6時とNY市場の終了時間に当たり市場の取引量が急減しており、声明の内容次第では相場が変動することは間違いなさそうである。

詳しくは別表をご覧ください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
X

2018/06/23

最新のIMMポジションから、2018年6月23日(土曜)

最新のIMMポジションから、2018年6月23日(土曜)

集計日が6月17日(火)の主要7通貨(円、ユーロ、ポンド、スイス、カナダドル、豪ドル、NZドル)の投機的ネット・ポジションの合計は、前週のロング+43,784→-123,600コントラクトへと激震! 前週比では-167,4344コントラクトは私がデータを取り出した2009年来で最大で通貨の売り圧力(ドル買い)が強まっている。

特徴は言うまでもなく「急激な通貨安=ドル高」への変化。前週の12日以降の要因を振り返って見ると、13日のFOMCで利上げを実施し更なる引き締めが示され、14日のECBでQEの縮小を決めるも、利上げ見通しが先送りされるなど、金融政策の差+強硬な米国の通商政策がその要因と思われる。

目立った変動は一目瞭然で、ネットでロングはユーロだけにとどまり、そのロングも36,118コントラクトに急減し、他の6通貨はすべてショートで週間のトータルの変動としては歴史的な変化とも言えるだろう。その中で、ネットではショートながら前週比ではスイスとカナダドルは小幅ながら増加している。

【円】前週5,052→-35,562(-40,614)
過去70週続いた円安(ネットショート)から歴史的な変化の後は、前週比で増減が混在し12週間も向感は定まらない状況が続いていた。しかし、今回はネット・ショートが3月20日の水準を上回り、新たな円安の始まりなのか? 絶好の円高への好機なのか意見が分かれるところながら、傾向としては円売りへ。

【ユーロ】前週88,225→36,118(-52,107)
過去58週間と長期に渡りユーロのロングを維持しながらも、4月17日をピークに以降9週連続し、前週比の減少幅はデータを取り出した2009年来で最大で歴史的な変化となり、ついにユーロ先高期待の終焉なのか? それとも、ポジション調整も終了し新たなユーロ買いの始まりなのか? EURUSD1.1500が大きな分かれ目!

【ポンド】前週10,969→-19,206(-30,175)
28週間ポンドのロングを維持していたが、ついにマイナスへと変化。集計日後のBOE利上げ支持者が3名に増加したことで、8月の利上げ期待の余地を残すも、ブレグジットまで来年3月に迫るなかで、メイ政権内の不調和音は変わらず。

【カナダドル】前週-14,988→-14,014(974)
13週間連続しカナダドルのショートが続きながらも、前週比では2週続けて小幅上昇と他の主要通貨でショートが拡大する中で検討している。弱い経済指標と米国・カナダの通商問題が残りるも、集計日後のOPEC総会を受けた原油価格の上昇が救いの手となれるか?

【豪ドル】前週-15,235→-43,099(-27,864)
12週間続けてショートが続き、今回のショート幅は2015年12月1日来の高水準であらためて豪ドルの弱いセンチメントを意識。米中間の貿易戦争のリスクが足を引っ張っている状況が改善するのを期待したいが、7月6日までに手打ちをできなければ最悪の状況も?

別表もご覧ください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
X



2018年6月23日(土曜) 昨日22日、海外市場の動き

2018年6月23日(土曜) 昨日22日、海外市場の動き

週末金曜日の材料も豊富。注目のOPECは小幅な減産合意にとどまり原油価格急騰。ユーロ圏景況感は予想外に強く、ギリシャへの償還・返済猶予期限の延長と新規融資に株価は上昇するも、独政局は移民問題を巡り混迷は止まず。カナダCPIと小売は失望の結果もCADは原油高騰に持ち直す。EUは米国に報復関税を発動し米国はEU自動車に20%課税すると脅す貿易戦争の火ぶたが切られる。

為替相場は、資源関連通貨のAUD+NZD+CADは急伸、主要通貨ではEURUSDは1.1600をボトムに底堅く上昇が目立つも、GBPUSDは前日のBOEのタカ派ムードを残しなら、ブレグジットを巡る不透明感に本格的な上昇につながらず。USDJPYは週末リスクと貿易戦争のリスク回避の円買いの期待残るも109.80~22のレンジで動けず。

EURUSDは、欧州市場に入り、ユーロ圏財務相会合でギリシャの融資で償還期限・返済猶予期限を10年間延長し150億ユーロを新たに融資することを決定しイタリア債が買われ、仏・独・ユーロ圏のPMIは強く株式も堅調に推移し1.1670台まで上昇。独シュピーゲル紙が「独SPDが総選挙を準備」との報道に独政治てき混乱を懸念しEUR売りが一時強まり1.1630台まで下落するも下げ止まる。

EUは米国がEUから輸入する鉄鋼とアルミニウムに関税をかけたことへの対抗措置として28億ユーロ相当の米国製品に対する関税を発動したが、米国市場に入り、トランプ大統領が「関税障壁が急速に撤廃されなければ、EUから輸入自動車に対し20%の関税を課す」と脅し、EURUSDは1.1618まで下落するも、1.1600の壁を割り込むに至らず、1.1670近くまで値を戻し1.1655で終了している。

USDJPYは、109.80台をボトムに底堅いとも言える反面、110.20をトップに上値が重いともいえる何ともいいようがない狭いレンジで推移。週末リスクや貿易問題が深まる中で、原油高や資源価格の上昇、新興国通貨高へと安定していることで、リスク回避の円買いも限定的となったことが考えられる。

GBPUSDは、前日のBOE金融政策委員会で予想外の利上げ支持者の拡大、それもチーフエコノミストのホールデーン氏が利上げ支持に回ったことで8月の利上げ期待が高まった流は続き1.3240台をボトムに上昇傾向を維持。欧州市場では一時1.3315まで上昇するも続かずEURGBPが上昇しGBP売りの要因となり前日からの急騰の反動と週末のGBPロングの調整売りも強く1.3250台で終了。

米株は強弱混在、ダウ+119.19(+0.49%)とS&P500+0.19%は上昇するも、Nasdaq-0.26%と低下。米10年債利回りは2.893%(-0.005)と2.9%を割り込み低下。原油価格(WTI)はOPEC総会を受け69.28(+5.71%)と大幅上昇へ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

21:30    CAD 5月 消費者物価指数=前月比0.1%(予想0.4% 前回0.3%)、前年比2.2%(予想2.6% 前回2.2%)、コア前年比1.9%(予想1.9% 前回1.9%)、前年比コア中央値=1.9%(予想2.1% 前回2.1%)、前年比コアトリム=1.9%(予想2.1% 前回2.1%)→ 予想を下回りCAD売りが加速

21:30    CAD 4月 小売売上高=前月比-1.2%予想0.0% 前回0.6→0.8%)、除く自動車前月比=-0.1%(予想0.5% 前回-0.2%)→ 予想外にマイナス幅が拡大しCAD売りが加速

22:45    USD 6月 総合PMI・速報値=56.0(予想55.1 前回56.6)、製造業PMI・速報値=54.6(予想56.5 前回56.4)、サービス業PMI・速報値=56.5(予想56.4 前回56.8)→ 予想を上回る


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

2018/06/22

2018年6月22日(金曜)欧州・米国市場序盤の動き

2018年6月22日(金曜)欧州・米国市場序盤の動き

週末金曜日。欧米株高、米債利回り小幅高、OPEC総会では予想通り減産幅の縮小を決定、「サウジ対イラク」の対立を織り込み原油価格の上昇が目立っている。

為替相場は、円を除きドル売り傾向は止まらず。強いユーロ圏各国のPMIと弱いCADの経済指標にUSDCADは急伸しCAD急落。

仏総合PMIは55.6(予想54.2)、独総合PMIは54.2(予想53.3)、ユーロ圏総合PMIは54.8(予想53.9)と強くEURUSDは1.1630台→一時1.1670台へ上昇し、メルケル独首相は連立与党の要求に応えるべく24日の移民政策の強化に関す一部EU加盟国でセットされた難民問題についての会議は結論を出さない可能性が高く、EUR売りの材料が削がれている。

カナダ小売売上高は予想外の大幅なマイナスで、CPIの前年比は0.1%(予想0.4%)、前年比2.2%(予想2.6%)と弱くUSDCADは1.3270台→1.3380台へ一時急騰。

USDJPYは、欧州市場の序盤に見せたEURUSDの急伸は、いったい何がおきたのだろうか? コメントでは米債利回りが緩やかに上昇との声も大きく、ドル買いをサポートするも、110.21を高値に上値の重い展開が続いている。

2018年6月22日(金曜)アジア・欧州市場序盤の動き

2018年6月22日(金曜)アジア・欧州市場序盤の動き


週末金曜日。週末リスク、OPEC総会、EUと米国通商問題、独難民流入抑制問題、トルコ大統領・総選挙とこれから週末にかけて色々と出来事は多い。

為替相場は、円を除き主要通貨、資源関連通貨、新興国通貨でも総じてドルは下落。円は週末リスク=円高を思いきや一人負け状態。

欧州市場に入り、強い仏・独・ユーロ圏のPMIに欧州株は強く、イタリア極右政党「同盟」のボルギ下院予算委員長は、イタリア政府はEU離脱を望まずと発言しEURUSDの上昇につながっている。

USDJPYは逆にドル高へと動き、円はクロスでは全面高で、底堅い動きであることは間違いないが、結局は109.86~22の狭いレンジで推移しているだけ。

USDCADは今日これから注目したい。カナダのCPIと小売売上高。USDCADは1.3320台の高値圏から、昨日の安値1.3283を割り込み1.3270台へと軟化しているが、この動きがどうなるのか? 数字如何では大きな動きも期待したい。

日経平均株価は-176.21(-0.78%)と下げ傾向が続き、中国株は底堅く推移、アジア株は強弱混在。欧州株価は上昇傾向が続いている。米10年債利回りは2.92%と小幅上昇、原油価格(WTI)はOPEC総会を控えて66.22と上昇が続いている。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

15:45    FRN 第1四半期 GDP・確報値=前期比0.2%(予想0.2% 前回0.2%)、前年比2.2%(予想2.2% 前回2.2%)

16:00    FRN 6月 総合PMI・速報値=55.6(予想54.2 前回54.2)、製造業PMI・速報値=53.1(予想54.0 前回54.4)、サービス業PMI・速報値=56.4(予想54.3 前回54.3)→ 製造業が弱く、サービス業が強く、総合は予想を上回る

16:30    GER 6月 総合PMI・速報値=54.2(予想53.3 前回53.4)、製造業PMI・速報値=55.9(予想56.2 前回56.9)、サービス業PMI・速報値=53.9(予想52.5 前回52.1)→ 製造業が弱く、サービス業が強く、総合は予想を上回る

17:00    EUR 6月 総合PMI・速報値=54.8(予想53.9 前回54.1)、製造業PMI・速報値=55.0(予想55.1 前回55.5)、サービス業PMI・速報値=55.0(予想53.8 前回53.8)→ サービス業が強く、総合は予想を上回る


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※