2018/09/23

今週の為替相場を考える(9月24~28日)

今週の為替相場を考える(9月24~28日)

先週一週間の印象は、米金利の上昇と(にも関わらず)、株価の上昇。そして、為替相場は新興国通貨の反発と、円安とドル安の動きであることは間違いないが、ドル売りと円売り相場の一翼を担っていたポンド相場の急落の影響が気になっている。

米中制裁関税・報復関税のかけ合いにも税率は控え気味が好感した動きも、週末に中国は今週予定の米中貿易協議を取りやめ中間選挙前に再開する可能性が薄らいでおり、楽観論だけが選好するリスクも気になる。

EU非公式首脳会談で、事前の楽観的なコメント期待に反してハードブレグジットのリスクの高まりポンドは急落。GBPUSDは先週1週間の上げ幅を一日で帳消しにしてしまった。結果として、他の主要通貨でもドル安を更新できずドル売りの達成感も意識せざるを得ない動きとなっている。

GBPUSDは、予想外に健在な英国経済と強さが目立つCPI、ソフトブレグジット期待に長期的なポンド買も見られたが、EU非公式首脳会議後の失望感で1.3300の上値はひとまず遠くなっている。今週からスタートする英労働党大会と保守党大会は波乱要因で重要。それ以外でも、10月18日のEU理事会を経て11月中旬のEU首脳会議の期待に続伸することができるのか? ポンド相場の先行きで意見が分かれるところでもある。

USDJPYは、3連休と9月四半期決済の最終週を前にしたポジション調整や、円ショートポジションの巻き戻しも意識。直接的にはGBPJPYの下落がリードする円の買い戻しが続くのか? 112.80台を高値に上値は重くなっているが、前日比では上昇傾向を続けている。今週は日米通商協議(24日)と日米首脳会談(26日)の重大イベントを控えて結果待ちでそれまでは積極的に動きにくい。円安水準の目安としては、7月17日の終値112.87(高値112.92)、7月18日の終値112.84(高値113.14)、7月19日の終値112.46(高値113.17)を意識せざるを得ない。余談ながら円クロスではGBPJPYの急落が影響したのか、ローソク足の日足では対主要通貨に対して円安を達成したかのような転換サインが見られるのが気になる。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


USDJPY (予想レンジ111.80~113.20)

日米貿易問題がどのように変化するか? 発言で上下変動するリスクも意識。長期的は107~103.50の持ち合い状況を継続。中期的はドル買いを維持し113.18の再トライへ。短期的は押し目買の流れは変わらず。


EURUSD (予想レンジ 1.1625~1.1850)

イタリア財政問題も落ち着きブレグジット交渉によるGBPUSDの影響を強く受けるリスクも意識。長期的は1.1300~1.1850のレンジの継続から反発の動きへ。中期的は1.1500~11800のレンジで売り圧力が続き、短期的は上昇傾向が続き1.1650~1.1800のレンジから上値をためす動きへ。


AUDUSD (予想レンジ 0.7220~0.7300→続伸へ)

米中通商問題の影響と新興国通貨の影響を受けながら、先週は共に最悪を脱したとの判断で上昇するも、GBPUSDの反落の影響に上値も限定的で、今週もポンド相場の影響次第。長期的・中期的な売りサインは変わらず、ただし、0.7185超を維持することができれば変化も。短期は0.7250~0.7300のレンジから上値が重くなっている。


USDCAD (予想レンジ 1.2850~1.3000で、NAFT交渉の動き次第)

NAFTA再交渉の結論がでず、タイムリミットが近づいていることが懸念材料。長期的には1.22~1.3400のレンジ。中期的は1.2800~1.3380のレンジで底固め中。短期的には1.28800~1.2980のレンジで上値を試す動きへ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今週の主な材料(9月24~28日)

今週の主な材料(9月24~28日)

今週は日米通商協議・日米首脳会談でサプライズはないのか? FOMCは期待通り利上げし12月の利上げや来年の利上げ期待がどのように変化するのか? 英保守党・労働党の党大会で合意なきハードブレグジットの可能性がどのように変化するのか? 月末期限までが期限と言われている米カナダNAFTA通商協議で結論を出すことができるのか? 各国中銀の要人発言など注意すべき材料は豊富。

国連総会に合わせ、23日にトランプ・安部両首脳が会食し、24日に日米通商協議の第2回が再開し、25日にはトランプ・安部両首脳の演説が、26日には本丸となる日米首脳会談が予定されている。トランプ大統領の口から何が飛び出すか予想できにくいだけに今週の相場変動の要因として注意が必要。

26日(水)(日本時間27日午前3時)、FOMCはFF金利を0.25%引き上げて、1.75~2.0%→2.00~2.2%になることはほぼ間違いないと思われており、CMEのFedWatch Toolではその確率は93.8%となっている。今回は、パウエル議長の記者会見とドットチャートとフォワードガイダンスが相場変動の要因となりやすく、12月の追加利上げの可能性も78.4%とさらなる利上げを織り込んだ動きで、来年の利上げ回数とターゲットがより注目されている。

英労働党大会(24~26日)では2回目の国民投票を支持する可能性についての動きは? 英保守党大会(30~10月3日)を前にして、英政府当局者の間ではメイ英首相が党大会を乗り切るのを後押しするとの期待があったが、EU首脳から首相案に対して否定的な評価が相次ぎ、その希望は無くなってしまっている。

9月末期限のNAFTA再交渉では、米国の貿易関連法でメキシコの現政権が退く11月末日までに3か国協定を結ぶためには10月1日までに協定文書を公表する必要があり、9月30日(日)までに合意する必要があるといわれている。ハセット米経済諮問委員会(CEA)委員長は先週末に「NAFTA再交渉はカナダ抜きの協定で合意する可能性が極めて大きい」と発言しており、カナダドル相場にとっては非常に重要。


それ以外での以下も重要です。

24日(月)ドラギECB総裁発言、
27日(木)NZ中銀の金融政策(1.75%の据え置き予想)、独CPI、米耐久財受注、ドラギECB総裁発言、カーニBOE総裁発言、パウエルFRB議長発言、
28日(金)中国財新製造業PMI、独雇用統計、英GP、ユーロ圏CPI、米個人所得・個人支出、カナダGDP、米シカゴ購買部協会指数、米ミシガン大学消費者信頼感指数


詳細は別表をご覧ください

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
X

最新のIMMポジションから見えること

最新のIMMポジションから見えること

主要7通貨(円、ユーロ、ポンド、スイス、カナダドル、豪ドル、NZドル)の9月18日集計日では、投機的ポジションは前週比でみると-56,742コントラクトとショートが急拡大(ドル高思考)し、トータルでは前週と同じくユーロだけがかろうじてネットロングとなっています。

前週比でみると、ハードブレグジットのリスクや米中貿易戦争を回避した動きと思われ、スイスだけが前週比でロングが増加しており、逆に当事国通貨のポンドと中国と関連性の高い豪ドルのショートの増加が目立っています。

米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物の公表日は毎週火曜日で、週末とは3日間のずれがあります。そのため、短期的な動きを捉えることはできませんが、市場全体の流れを判断するには利用価値は高いと思います。


【円】前週-53,886→-63,755(-9,869)
集計日ベースのUSDJPYは、9/11日(111.628)→9/18日(112.353)と、70ポイント近く円安へと動き、ドルに換算してみると約10億ドル相当の円売りポジションが積み上がり約71億ドルの円売りとなっています。直近の円安は7/17日の112.871で約65億ドルの円売りで、ポジションが大きく膨らむ前に円安が進んでいたことになります。

【ユーロ】前週11,170→1,666(-9,504)
集計日ベースのEURUSDは、9/11日(1.16042)→9/18日(1.16640)と、60ポイント近くユーロ高へと動き、ユーロ買ポジションが約14億ユーロ→2.1億ユーロまで減少しほぼニュートラルといってもいいでしょう。先週末は1.1747とユーロ高で終了し買いポジションがさらに拡大していると思われます。

【ポンド】前週-61,179→-79,258(-18,079)
集計日ベースのGBPUSDは、9/11日(1.3030)→9/18日(1.3146)と、110ポイント近く上昇する反面、EU非公式首脳会議を意識していたのでしょうか、ポンドの売りポジションが急拡大しており、先週末の終値1.3077と金曜日にはブレグジット交渉の行き詰まりで1日約220ポイント近く急落しています。 

【カナダドル】前週-26,942→-30,111(-3,169)
集計日ベースのUSDCADは、9/11日(1.3067)→9/18日(1.2974)と、約100ポイント近く下落しカナダドル高に動いている反面、カナダドルのショートポジションが拡大しています。先週末の終値1.2911とNAFTA再交渉が膠着状態ですが、なんらかの合意を期待しているのでしょうか? 

【豪ドル】前週-44,312→-68,003(-23,691)
集計日ベースのAUDUSDは、9/11日(0.7116)→9/18日(0.7219)と100ポイント近く豪ドル高となっている反面、豪ドルのショートは急拡大しています。先週末の終値は0.7285とさらに豪ドル高で終了しており、ポジションのショート拡大=実際は豪ドル高と、米中間の通商問題が影響しているかもしれませんが、今週の相場展開が注目されます。


詳細はデータをご覧ください


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
X


2018/09/22

2018年9月22日(土曜)21日、海外市場の動き

2018年9月22日(土曜)21日、海外市場の動き

日本は3連休前で週末金曜日。ブレグジット交渉の行方が注目されたEU非公式首脳会議からは失望の色が鮮明に! 市場は9月26(水)のFOMCの利上げ(ほぼ間違いないと思われている)と今後のドットチャートとフォワードガイダンスに注目がシフトし始める可能性が高くなっている。

メイ英首相は会議翌日に会見し、「EU離脱は悪意の合意ならしないほうがましだ」と、自らのEU離脱案をけんもほろろに拒否したEU首脳らを非難。結果、GBPUSDは前日トライした1.3300直前から、日中の高値1.3270台から1.3055まで急落(前日終値比-1.43%)し週初めからの上昇をすべて吐き出す。

USDJPYはGBPJPYが1.38%下落した影響に欧州市場序盤の112.87高値に上値が重くなり、7月18~19日にトライして失敗した113円台をターゲットにしていた参加者は多く利食いの売りが優勢で下落するも112.50を割り込めず、112.55で終了。来週は23日に日米首脳の会食、24日に通商協議、25日に安倍首相の国連演説、26日に日米首脳会談をすると発表と、政治色の強い動きに警戒する必要もある。

日経平均株価は6連騰、ユーロストックス50は10連騰、ダウも4連騰。米10年債利回りは3.0628%、2年債は2.7999%と過去数日間は大きな変化は見られず。

EURUSDは前日比-0.30%。欧州市場の序盤につけた1.1808を高値に1.1800台の大台達成後からは、弱いユーロ圏各国のPMIもあり伸び悩み、GBPUSDの下落の影響に1.1733まで続落。ただし、EURGBP(0.8880台→0.8990台)の大幅上昇の影響もあり下げ幅は限定的で、米国市場に入りGBPUSDの売りも収まり一時1.1767まで値を戻し1.1747で終了。

USDCADは前日比+0.07%。GBPUSDの下落は蚊帳の外で、カナダCPIは前年2.8%と予想通りの結果ながら前回が上方修正され強く、小売売上高は前回を上回り特に除自動車でも前回が上方修正され0.9%と強く出ると、1.2920台→1.2886まで下落。米カナダのNAFT再交渉の行き詰まりが懸念され、タイムリミットを9月30日に迫る中、ハセット米CEA委員長から「NAFTA再交渉はカナダ抜きの協定で合意する可能性が極めて大きい」とフォックス・ニュース(トランプ大統領のお気に入りの報道機関)の報道もあり1.2940台まで上昇するなど乱高下が続きながら結局は前日と同水準近くの1.2910台で終了。貿易交渉の行方が今後の相場を左右。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

21:30    CAD 8月 消費者物価指数=前月比-0.1%(予想-0.1% 前回0.5%)、前年比2.8%(予想2.8% 前回3.0%)、
コアCommon前年比2.0%(予想1.9% 前回1.9%)、コアMedian=2.1%(予想 前回2.0%)、コアTrim前年比=2.2%(予想 前回2.1%)

21:30    CAD 8月 小売売上高=前月比0.3%(予想0.4% 前回-0.2→-0.1%)、除自動車前月比0.9%(予想0.6% 前回-0.1→0.1%)→ 除く自動車は強く、上方修正され前回を上回る→ カナダドル買いが直後に強まるも続かず

22:45    USD 9月 総合PMI・速報値=53.4(予想55.0 前回54.7)、製造業PMI=55.6(予想55.0 前回54.7)、サービス業PMI=52.6(予想55.0 前回54.8)→ 予想を下回る

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【北米】
ポンペオ米国務長官(フォックス・ニュース)=ベネズエラ政府への圧力強化に向け数日中に行動する準備へ。

ポンペオ米国務長官(フォックス・ニュース)=米政府は2回目の米朝首脳会談の実現に向け取り組んでいる→ NBCニュースでは会談はそれほど遠くない将来に実現するとの発言もしている

ホワイトハウス=トランプ大統領はロシア疑惑を巡る捜査に関連した追加情報について、機密扱いを直ちに解除するよう司法省に指示。

アクション・エコノミクス=政策金利の予想分布(ドットチャート)や金融政策方針(フォワードガイダンス)がより重要で、段階的な政策正常化継続を下支えする公算が大きい→ ドットチャートの中間水準が年内4回、来年3回の利上げを引き続き示すと予想した。 短期金利先物が織り込む12月の引き締め予想確率が約80%、来年3月以降の追加利上げ確率は50%で推移

ハセット米経済諮問委員会(CEA)委員長(フォックス・ニュース)=NAFTA再交渉はカナダ抜きの協定で合意する可能性が極めて大きい。→ NAFTA文章の公表期限を10月1日に控えて、米国はカナダとの合意ができていないことを指摘、

【欧州】
グレイリング英運輸相=アイルランド国境問題が解決しない場合には合意なき離脱となる

英BBC放送=メイ英首相がEU離脱で進路を変えないと述べた。→ EUは北アイルランド問題でEU関税同盟に実質的にとどまるバックストプ案を提示しているが、メイ首相はこれを拒否→ 合意なき離脱の可能性が意識されている。

メイ英首相はEU首脳会議の翌日に声明を発表=自らのEU離脱法案をたやすく拒否されるのは受け入れられない。英国とEUは袋小路に陥っている。EU離脱は悪意の合意ならしないほうがましだ。→ EU首脳は自身が示した提案を十分に説明することなく拒否した。しっかりとした説明や代替提案もなく、他方の提案を否定することは受け入れないと、交渉が行き詰まっていることを示唆。この報道を受けGBPUSDの下げ幅はさらに加速。

英ラーブEU離脱担当相=北アイルランド問題は英国が支払わなければならない代償と欧州側は騒いでいる
BRE    トゥスクEU大統領=英国の離脱問題で妥協点を見出す可能性は残っている。→ 提案内容の一部は、離脱に伴う悪影響を最小限にとどめる意思や、英国側の姿勢が前向きに変化したことをうかがわせたと指摘。アイルランド問題や経済協力ルールを巡って、英国案の修正や追加協議が必要になるとの認識も示した。

ディマイオ・イタリア副首相=仮に来年、赤字が拡大しても問題はない、2020年には縮小すると予想。

【アジア・その他】
日米首脳会談=菅官房長官、23日に日米首脳の会食、24日に通商協議、25日に安倍首相の国連演説、26日に日米首脳会談をすると発表。

S&Pはオーストラリアの格付けを「AAA」の見通しをネガティブ→安定的に引き上げたことを受け、一時0.7297と0.73直前まで上昇している。

OPEC加盟・非加盟国(関係筋)=日量50万バレルの増産検討


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2018/09/21

2018年9月21日(金)欧州・米国市場序盤の動き

2018年9月21日(金)欧州・米国市場序盤の動き

欧州株は強く、米株と米債利回りは上昇からスタートし伸び悩みぎみ。為替相場は週末の金曜日でポジション調整色も強くポンド売りがリードするドル買いで、ドル円を除き主要通貨でドル高傾向が強まっている。

欧州市場ではブレグジット絡みの発言、特にBBC放送の「メイ英首相はEU離脱で進路を変えない」と述べたとの報道に1.3200~50を割り込み下落。メイ英首相の注目の声明で「英国とEUは袋小路に陥っている、EU離脱は悪い合意ならしないほうがましだ」と、「合意なき離脱」の可能性にGBPUSDの売り圧力が続き、1.3100の大台を割り込みドル買いをリードする存在に。

USDJPYは今までの流れの逆で、「主要通貨安=クロスでの円買い=USDJPYの売り」の動きでGBPUSDの下落に連動する形で、アジア市場の終盤につけた112.87をピークにUSDJPYの上値が重くなっている。

ユーロ圏の各種PMIが予想外に弱く、特にユーロ製造業PMIは2年ぶりの低水準で、GBPUSDの売りに連動してEURUSDも続落気味。カナダのCPIは予想通りながら前回よりは低下気味。カナダ小売売上高は除く自動車が予想外に強く出るも直後のカナダドル買いから売りへと変化。