2019/12/13

英総選挙 BBC出口調査予測は、与党保守党が過半数獲得の見通しを報道。これを受け、GBP急伸!

英総選挙 BBC出口調査予測は、与党保守党が過半数獲得の見通しを報道。これを受け、GBP急伸!

2019年12月13日(金)昨日12日、海外市場の動き(午前5時半ごろ)

2019年12月13日(金)昨日12日、海外市場の動き(午前5時半ごろ)

英総選挙の結果を見守る中で、ご存じの通り市場は米国の対中追加関税の延期を織り込み、米株は急伸し、米債利回りも急伸し、為替相場はドル全面高!

通商合意の結果のカギはトランプ氏が握り、13日の4時半から協議し午後に発表の予定とのことで、1600億ドルの追加関税の延期? 見直し? 発動中の3600億ドルは? この結果に相場はさらに急変することになりそう!

トランプ氏はツイッターで、中国との通商合意に「極めて近い」と表明。その他の報道も合意に向けた楽観的な報道が多数流れる中で、米株は急伸からスタートし一時300ドル超の上昇で、米10年債利回りも前日1.7914%→一時1.92%まで上昇。現時点では若干値を下げるも強い流れは変わらず。

英総選挙の締め切りは日本時間午前時で午後に大勢が判明するとのことだが、その前に出口調査の結果で相場が動くことになることも間違いなさそう。

為替相場は、英総選挙の結果待ちながら、米中通商協議の合意を期待する流れに、リスクオンでJPYは全面安で、逆にAUDUSD+NZDUSDの強さが目立っている。また、ECB理事会から大きなサプライズもなくEURUSDは終わってみれば前日と大きな変化は見られず。

USDJPYは、トランプ氏の発言を受けたリスクオンの流れに108.60→109.45まで一時続伸。円クロスでも円安が続き、AUDJPY+NZDJPYは1~1.1%近く上昇へ。引き続きトランプ氏からどのような通商合意の結果が発表されるのか? その結果次第で急変のリスクも残る。

GBPUSDは、英総選挙の結果待ちながら、与党保守党の圧倒的な勝利の可能性が弱まることを予測したポンドロングの巻き戻しの流れは止まらず。さらに、トランプ氏の発言を受けたドル買いの流れもあり、アジア市場の1.3228を高値に、1.3051まで続伸。午前4時半からは弱に買い戻しが強まり今現在は1.3170台まで値を戻している。ただし、午前7時に投票が締め切られ出口調査の結果が発表となり、結果をうけGBP相場は上下変化することも間違いない。

EURUSDは、ECB理事会は期待通り政策金利の据え置きを決定、スタッフ予想を発表するも、リスクは下サイドに傾くが、あまり深刻でもなくサプライズはなく。ラガルドECB総裁の記者会見からややタカ派との意見も見られるが、EURUSDは直後の1.1154を高値に、トランプ氏の発言を受けたドル高の流れに一時1.1103まで下落し1.1130台で推移している。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

22:30    USD 週間新規失業保険申請件数=25.2万件(予想21.2万件 前回20.3万件)

22:30    USD 生産者物価指数=前月比0.0%(予想0.2% 前回0.4%)、前年比1.1%(予想1.2% 前回1.1%)、コア前月比-0.2%(予想0.2% 前回0.3%)、コア前年比1.3%(予想1.6% 前回1.6%)
22:30    EUR ラガルドECB総裁記者会見

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【米中通商協議関連】 日本時間13日午前4時半から、貿易合意について協議する予定で合意はこの日の午後にも発表される可能性がある

トランプ大統領(ツイッター)
〇中国との通商合意に「極めて近い」と表明。
〇中国との大規模な合意に非常に近付いている、「中国は合意を望んでおり、米国もだ」
〇約1600億ドルの中国製品に対する追加関税を15日に発動するかを巡り、通商・経済顧問らと12日中に協議する可能性が高いとみられている。
〇米国が発動予定の中国製品への関税を延期 することを提案したとの報道も。

関係筋(WSJ)
〇米通商交渉団が第1段階の通商合意実現と緊張緩和に向け、15日に発動を予定する対中追加関税の見送りを提案した
〇すでに課している約3600億ドル分の中国製品に対する関税を最大50%引き下げる案も提示したという。

パーデュー米農務長官
〇中国の当局者らはトランプ米統大領に、400億-500億ドル(約4兆3000億-5兆4000億円)相当の米国産農産物を購入すると述べたが、そうした契約を交わすことには後ろ向き

ダウ・ジョーンズ通信
〇米国の交渉担当者は15日に予定している対中関税第4弾の発動の取りやめと、発動済みの関税の削減を提案

米交渉担当者(ブルームバーグ)
〇中国との間で第1段階となる貿易合意の条件で一致し、トランプ大統領の承認を待つ段階に入ったと伝えている。

【ECB理事会】
〇政策金利を予想通り据え置き、金利はインフレ率が確実に目標に届く段階までは現行またはそれ以下にとどまるつもりと、長期にわたり低金利を維持し、月額200億ユーロのペースで安定的に資産買い入れを継続へ。

ECBスタッフ経済予測(リスクは下サイドに傾くが、あまり深刻ではない)
〇経済成長率見通、2019年1.1→1.2%、2020年1.2→1.1%、2021年1.4→1.4% 、22年1.4%、
〇インフレ率、2019年1.2→1.2%、2020年1.0→1.1%、2021年1.5→1.4%、2022年1.6%。

ラガルドECB総裁(市場はややタカ派と見込む)
〇記者会見の冒頭で、「私には独自のスタイルがある。拡大解釈や勘ぐり、相互参照はしない。ありのままの自分でいるつもりだ」と指摘
〇タカ派のECB理事会メンバーとともにコンセンサスを模索することが目標であると強調し、私はハトでもタカでもない。【私の夢は知恵の象徴であるフクロウ】になることだと発言。
〇ECBはマイナス金利の副作用を非常に強く認識。最大の関心事

ラガルドECB総裁
〇ユーロ圏の景気減速に不確実ながら底打ちの兆しがあるとの認識
〇近い将来の追加利下げの可能性は低いことを示唆
〇成長減速に歯止めがかかった初期の兆候が幾つか」見られるとし、「基調的インフレの緩やかな高まり」も指摘
〇ECBの運営方法の再検討を2020年1月から開始する見込み
〇ECBの第一の使命である物価安定の回復がおろそかになることへの懸念も。

中国(中央経済工作会議)
〇経済政策の安定性維持、中国指導部は経済政策を安定的に保ちながら経済成長目標の達成に向け2020年は政策の効果を高めていく方針を示した。国営新華社が中央経済工作会議を受け報じた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





2019/12/12

2019年12月12日(木)15:30時ごろの動き

2019年12月12日(木)15:30時ごろの動き

今日の欧州市場でラガルド新ECB総裁のもとでどのような変化があるのか? それともないのか。そして、英総選挙の結果は期待通り与党保守党が過半数を維持して勝利することができるのか? 15日の制裁発動でトランプ氏がどのような結論をだすのか?

日経平均株価は一時水面下となるも反発し小幅ながら上昇。上海総合は伸びきれず小幅安で推移。ダウ先物は小幅高。

とりあえずFOMCは終了。期待通りの金利据え置き「米経済は緩やかな成長が続き、雇用も底堅く拡大」とあり、ドットチャートは2020年末までの金利据え置きを示唆。為替相場は、主要通貨でドル売りへと動いた流れを維持しながらも、今日のECB理事会と英総選挙、そして、15日の制裁発動の有無がはっきりせず、積極的に動けず。

ただし、個人的には引き続き、何等かの合意をし、制裁を延期することを期待している。もし、期待を裏切る結果となればそれこそ、リスク回避の安全資産会=リスク資産売りになるがその可能性は低く、むしろ制裁延期=緩やかなドル売り(除くJPY)の可能性も意識。

一方、英総選挙は、与党保守党の勝利を意識しながらも、どの程度の議席を得ることができるのか? それ次第。

AUDUDの上昇、NZDUSDの底堅さ、USDCADの上値の重さを見ると、この流れの継続を期待したくなる。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

8:50    JPY 10月 機械受注=前月比-6.0%(予想0.7% 前回-2.9%)、前年比-6.1%(予想-1.7% 前回5.1%)

9:00    AUD 12月 消費者インフレ期待=4.0%(予想 前回4.0%)

9:01    GBP 11月 RICS住宅価格指数=-12.0%(予想-5.0% 前回-5.0→-6.0%)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【米中通商協議関連】
トランプ大統領
〇15日に追加関税を発動するかを巡り、通商・経済顧問らと12日に協議する可能性が高い。

【英総選挙関連】
〇投票時間は12日0700GMT(日本時間12日午後4時)から2200GMT(13日午前7時)まで。
〇出口調査結果が2200GMT(13日午前7時)に公表され、通常日本時間午前8時までに最初の2選挙区の結果が判明し、大半は日本時間21時~22時の間。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2019年12月12日(木)昨日11日、海外市場の動き(午前5時半ごろの動き)

2019年12月12日(木)昨日11日、海外市場の動き(午前5時半ごろの動き)

ご存じの通り、米株は上昇へと転じ、米債利回りは低下し、ドル売りが強まる。FOMCは期待通り金利の据え置きを決定し、ドットチャートは2020年いっぱい金利を据え置くことを示唆し、パウエルFRB議長も「いまの政策金利は適切」とあり景気回復に自信も見られる。

今日12日のECB理事会、英総選挙、15日の制裁関税発動予定日と、最重要なイベントを控えながらも、FOMCを受け当面現在の金利を据え置く姿勢に市場は反応。

米株は上昇へと転じ、米債利回りは低下し、為替相場はドル売りが強まり、米利下げ終了の変化を読み取り、米中通商協議の進展を織り込み、世界的な景気回復期待を先取りしているのか、コモディティ関連通貨の上昇が目立つ。

英総選挙の世論調査は与野党の議席差が縮小、米中通商協議は継続しトランプ大統領の結論待ちのようだが、市場は制裁の延期を期待した動きを先取りへ。

USDJPYの下げ幅は限定的でクロスではJPY安が目立つ中で、FOMC直後にクロスの円売りもあり瞬間的に108.77まで上昇するも、米債利回りの低下+ドル売りの流れが強まり108.47まで下落と、最近の安値圏で鬼門となる108.40台まで下落し、反発している。108.00~20を割り込むことができるか? でなければいつも通りのつまらないレンジ相場となるが、英総選挙、米中通商協議と、サプライズの可能性は残る。

AUDUSDは米中通商協議の何らかの合意期待+米経済の回復期待に4日以来上値が抑えられていた0.6860台の壁を上抜け上昇。アジア市場の0.6805をボトムにアジア・欧州・米国市場と上昇し、FOMCを受け更に加速し0.6890直前まで続伸。前日比では1%を上回る上昇へ。

USDCADも下落し、1.3239を高値にFOMCを受け下げ幅が加速。6日の強い米雇用統計+弱いカナダ雇用統計に上昇が開始した水準となる1.3170台へ逆戻りしCAD買いが強まる。もちろん、10日に署名したUSMCAの合意の潜在的なCAD買いの期待もあるが、米経済の回復期待に加え米中通商協議+ブレグジットをめぐる動きを意識している。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

22:30    USD 11月 消費者物価指数=前月比0.3%(予想0.2% 前回0.4%)、コア前月比0.2%(予想0.2% 前回0.2%)、前年比2.1%(予想2.0% 前回1.8%)、コア前年比2.3%(予想2.3% 前回2.3%)→ 前月比と前年比は予想を上回り、FRBの利下げ休止を裏付ける

4:00    USD FOMC=政策金利1.5~1.75%の据え置を決定、予想通り

4:00    USD 11月 月次財政収支=-2088億ドル(予想-1965億ドル 前回-1345億ドル)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【FOMC】(経済活動は緩やかなペースで拡大しているとして、政策金利を2020年いっぱい据え置くことを示唆)
〇政策金利1.5~1.75%の据え置を決定、予想通り。
〇投票メンバー10人全員が政策金利の据え置きに賛成
〇米経済は緩やかな成長が続き、雇用も底堅く拡大。
〇現在のスタンスが景気拡大の維持に適切
〇先行きは海外の動向や抑制されたインフレ圧力など、今後の経済データを注視していく
〇レポ取引を取り巻く環境に関する言及や短期金融市場に関する新たな取り組みも公表はない。
〇超過準備預金への付利を1.55%に、リバースレポ金利は1.45%に据え置いた。

ドットチャート
〇13人が20年中も政策金利を据え置くと予測(中央値は「2020年は利下げも利上げもゼロ」)と当面は様子見に転じる方針で、20年中の利下げを見込むFOMC参加者は1人もいない。
〇20年の実質成長率は2.0%と潜在成長率並みの伸びを見込み、失業率も3.5%と歴史的な低水準を維持すると予測
〇21年以降は年1~2回のペースで再び利上げに転じると見込むメンバーが多い。

パウエルFRB議長(当面現在の金利を据え置く姿勢)
〇米経済の見通しは引き続き好ましい状況にある
〇いまの政策金利は適切
〇金融政策はあらかじめ決められた軌道にはない
〇経済が見通し通りに拡大するなら、現状の金利が今後も適切となるだろう
〇見通しの大幅な見直しを招くような動向になれば、適切に行動する

【米中通商協議関連】
パーデュー米農務長官
〇米国が対中追加関税を発動しないことに「望みを抱いている」
〇中国が大豆に関して追加関税を除外する手続きを取ったことは、米国との農産物貿易での進展を示すもの
〇米中の広範な貿易協議の第1段階合意に向けて続く交渉で、中国による農産物購入規模についてどの程度話し合いが進んでいるのか、自分は詳細を知らない

【トランプし弾劾訴追に関して】
マコネル院内総務
〇トランプ大統領が下院で弾劾訴追された場合、上院での裁判は1月に開始。
下院司法委員会
〇10日劾決議案の概要を発表。11日午後7時(日本時間 12日午前9時)から同案の検討を開始し、12日にも下院本会議への送付が承認される予定で、本会議では来週採決が行われ、トランプ氏は弾劾訴追される史上3人目の大統領となる可能性が高い。

米国はイランに制裁へ
ポンペオ国務長官
〇イランのマーハーン航空の販売エージェント3社について、大量破壊兵器の拡散に関与したとして制裁対象としたことを明らかにした
〇イランの軍事組織イスラム革命防衛隊(IRGC)、および対外工作や情報活動を担当する「コッズ部隊」の代わりにイエメンに軍事物質を密輸した疑いでイランの海運ネットワークを制裁対象とした

【英総選挙関連】
調査会社オピニウムが実施した世論調査
〇与党保守党の労働党に対する支持率の差は12%ポイントと、前週の15%ポイントから縮小、保守党の支持率は45%と、7日時点の46%から低下。一方、労働党の支持率は33%と、31%から上昇した。自由民主党は12%。

【USMCA関連】
米主要企業の経営者団体ビジネス・ラウンドテーブル
〇NAFTAに代わる新たな貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」に支持を表明。関連法案の迅速な成立を呼び掛ける」とし、「成立に向け、議会、およびトランプ政権とともに取り組んで行く」。
〇10日、USMCAの修正文書に署名。

ダブルライン・キャピタルを率いるジェフリー・ガンドラック氏
〇米リセッションの確率は後退、ドル下落のリスクは増加し、米社債を警戒。
〇消費者信頼感が持ちこたえていることと、景気先行指標がゼロを下回っていないことで、米リセッションの確立は9月75→35%へと低下。
〇大統領選挙では民主党候補の弱さからトランプ大統領が再選される可能性が高い

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




2019/12/11

2019年12月11日(水)23:00時ごろの動き

2019年12月11日(水)23:00時ごろの動き

FOMCを直前に特に言うこともない。市場は米中通商協議の行方を気にしながらFOMCの金利据え置きを予想しており、ドットプロット・チャートに反応することは間違いなさそう。

米CPIの前年比は予想を上回り、カナダの設備稼働率は弱い。欧州市場は独DAXが堅調ながらも英FTSEは弱い。ダウ先物は大きな変化は見られず、米債利回りは若干低下し、WTIもやや軟化。

AUDUSDはアジア市場の0.6805をボトムに0.6845まで上昇と動かない相場のAUD高が目立っている。

USDJPYは、欧州市場に入っても108.70前後の動きにとどまり、完全にFOMC待ちの相場入り。

GBPUSDは、前日NY市場で英総選挙の世論調査で保守党と労働党の差が大幅に縮小との報道に急落した流れを継いだアジア市場の1.3107をボトムに1.3170台まで値を戻している。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

アジア開発銀行最新レポート
〇中国の2019年6.1%、20年5.8%に下方修正。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※